債務整理

借金返済が苦しくなったら

 

何年も借金を返済してるのに借金がなくならない

毎月の借金の返済額を少なくしたい

支払いが遅れて不安で夜も眠れない

マイホームを手放す事なく借金を整理したい 
 


このような借金(多重債務)で、お困りの方はたくさんいます。

一人で悩まないで、ぜひご相談下さい。

借金問題は正しい知識と、一日でも早い手続きが重要となります。


一人で悩んでいても、何も解決しません。ぜひ専門家へ相談してください。

どんなに多額の借金を抱えていても、必ず法的に解決する方法があります!

 

続いて、債務整理とは具体的には何か、いくつかの方法をご紹介します。

 

 

債務整理とは

債務整理とは、法律を使って借金を整理することです。
 
借金を整理する方法には、@任意整理 A個人民事再生 B自己破産 の3つに分類することが出来ます。

この3種類の方法のいずれかを選択して借金を整理し、残債をゼロにする又は残額を減らすか条件を軽くしてもらうことにより、負担の重かった借金を少しでも軽くする法的手続きといえます。
 
また、一定のケースでは、返し過ぎの利息、つまり俗にいう「過払い金」が発生していることもあります。

その場合は、過払い金をサラ金に請求するか、残債がある場合はそれと相殺してもらう手続となります。

 
しかし、どれを選択したら分からないという方がほとんどだと思います。

たしかに、どの方法が最適かを判断するには法律の知識が必要不可欠となります。
借金でお悩みの方は自分で判断するのではなく、ぜひ専門家に相談してみてください。

債務整理する事のメリット・デメリット

メリット

  • 毎月の借金の返済を止めることができます。
  • 債権者(サラ金・消費者金融)の督促、取立てを止めることができます。
  • 破産・免責の場合、借金をゼロにすることができます。
  • 任意整理の場合、利息をなくして借金の残高を大幅に減らすことができます。
  • 個人民事再生の場合、マイホームを手放さずに借金を大幅に減らすことができます。


デメリット

  • 信用情報(いわゆるブラックリスト)に記載され、一定期間は借入れが出来なくなります。
  • 破産の場合、手続き中は、一定の職業や資格(弁護士、税理士等)に制限があります。ただし、免責許可決定がでれば、復権(権利が戻る)するので、職業や資格の制限は消滅します。
  • 破産の場合、官報に住所・氏名等が記載されます。官報を一般の人が見る機会はあまりないと思いますが、破産者をターゲットとした不当請求やヤミ金業者からのダイレクトメールに利用されることがあります。


※これらは一般的なメリット・デメリットです。個別の事情により、事情が変わる場合がございます。

債務整理の注意点

世の中には、多重債務の整理を勧める新聞広告・ダイレクトメール・ホームページが多数存在します。

中にはボランティア団体を装う悪質なケースもあります。

多重債務者の中には、返済に苦しむあまり、こういった整理屋・紹介屋といった、悪徳業者にだまされて2次被害にあう方もたくさんいます。

 

債務整理が出来る法律資格は弁護士と司法書士のみです。

ご相談・ご依頼される場合は、納得の行くまで話を聞き、もし心配な場合は、神奈川県司法書士会(045-641-1372)などの適切な相談窓口に確認し、悪質な業者には十分に注意して下さい。

 

また、ご依頼される場合は事前に料金の確認も忘れないようにして下さい。

当事務所では、きちんと料金体系をご説明させて頂き、間違いの無いよう説明を記載した書面を交付しております。

初回面談時にその場で契約を迫るようなことは、決していたしません。

十分に、当事務所の方針や費用、今後の流れの見通しなどをご検討のうえご依頼いただきたいからです。

 

「一旦他の事務所へ相談に行ったが、費用の面で納得がいかなかった」と言ってお越しになる方もいらっしゃいます。

そのような方も、是非お気軽にご相談下さい!

債務整理業務は、時に長いお付き合いとなります。

ご不安な点やご不明な点の無くなるまで、質問をし、説明を受け、検討されることをお勧めします。

債務整理についての相談予約・お問い合わせ

債務整理についてのご相談は無料です!

 

ホームページからお問い合わせ・ご予約は

 (24時間受付中)

 

お電話でのお申し込みは

045−504−2002  (平日 午前9時〜午後6時)