遺言作成について

価値ある遺言を残すために

 昨今、遺言についてご関心のある方、そして実際に作成なさる方は増え続けていると当事務所でも実感しております。

 

 しかしながら、そこへ至るまでにお話を実際に伺ってみると、大きな勘違いや誤った認識をなさっている方が非常に多いことも事実です。

 一生に何度もあることではないため、遺言の果たす大きな役割については、皆様知っているようで知らないことも多いと思います。


 今後のことをお考えになり、せっかく遺言書を書いたとしても、遺言の様式に少しでも不備があると、無効になってしまいます。

 自筆証書遺言(自分自身1人で遺言を書く)は、法律のプロならともかく、普段法律に接していない方にとっては難しい法律上の解釈もあるため、遺言書自体が無効になってしまうおそれがあります。

 せっかくのお気持ちが無駄になってしまうことを避けるために、遺言を残すのであれば、公証役場で作成する「公正証書遺言」をお勧め致しております。

 

 当事務所では、遺言の作成を全面的にサポート致します。

 

 当事務所代表の鴨川壯英は司法書士相続・遺言センターの組合員です。

 専門・実務的知識を生かし、法律家の立場から、それぞれのご事情に適した手続をご提案ができると思います。

 遺言の勘違い

と必要性

遺言作成の

手続きの流れ

遺言の

基礎知識

 

 遺言作成の

費用

家族に関する法律用語

遺言関連用語集